賠償金と弁護士

交通事故による後遺症は、それに見合った賠償金を支払ってもらわなければいけません。ただ、相手は保険会社です。この場合、もらう側の被害者と、支払う側の保険会社という構図になりますから、不利益が一致しない関係と言えます。つまり、保険会社としては、示談はなるべく早く済ませ、その額もなるべく低く抑えたいというのが本音なのです。

医師による診察で、後遺症または後遺障害と診断された場合は、すぐに弁護士に相談しましょう。示談は保険会社との交渉となります。交渉のプロに、個人として丸裸で挑んでもまったく勝ち目はありません。後遺症が残り、しかも賠償金まで充分な額が支払われないとなれば、これほど腹立たしいこともありません。充分な賠償金を勝ち取るには、弁護士の力が不可欠なのです。

また、医師との交渉に関しても、弁護士を通すことでスムーズに行われることになります。診断書の作成や、修正、追加の検査依頼など個人であれば、時間がかかったり断られたりすることもあります。そういう面でも弁護士への依頼は、メリットがあると言えるでしょう。弁護士への相談は無料なところが多く、まずは話を聞いてもらい、その上で依頼するかどうかを判断すればいいのです。示談を有利に進めるために、まずは弁護士へ相談です。