示談交渉は弁護士に

交通事故により後遺症が残ってしまった場合、やはりそれに見合う額の賠償金を支払ってもらわなければいけません。この賠償金ですが、基準としては3つあります。まずは自賠責保険基準です。自賠責と言えば、車を所有する人であれば誰もが強制的に加入する保険です。目的としては、最低限の保障ということになり、賠償金に関しても最低限なものとなります。

次に任意保険基準です。示談で提示される金額は一般的にはこの基準のものとなります。ただ、これはあくまでも示談金を支払いたくない保険会社が提示してくる金額ですので、自賠責保険基準よりは上となりますが、それでも充分な額とは言えません

そして、賠償金の基準として最も高く設定されているのが、裁判所基準です。過去の判例や事故の状況を基に示される金額で、自賠責や任意保険の基準と比べると高額であることが多いのです。このように、賠償金にはそれぞれの基準がありますが、示談がもつれ裁判所にまで持ち込まれることはほとんどないため、やはり多くの場合、任意保険基準が用いられることになります。今一度述べますが、この保険会社が提示する金額は後遺症の補償としてはまったく充分なものではないのです。不利な条件を飲まされることにならないよう、弁護士に示談交渉を依頼してください。