交通事故と示談

万が一、不幸なことに交通事故に遭った場合、怪我の程度により後々にまでその症状が残ってしまうことがあります。こういった後遺症の賠償に対しては、示談という手段で解決することがほとんどです。示談の流れとしては、まずは交通事故後には必ず警察に届けるということから始まります。その後に入通院となり、怪我が完治あるいは症状固定という、それ以上怪我の状態が改善できないと医師が判断した、いわゆる後遺症の状態となります。そして、ここまできてようやく示談交渉となるのです。

示談は加害者の保険会社を窓口にして行うことになります。ただ、加害者の保険会社は示談金の提示額をかなり低めに設定してきます。保険会社は被害者の味方ではなく、営利目的の集団ですので、示談金をなるべく支払いたくはないのです。

このように、保険会社との交渉は被害者にとってはかなり不利になっていきます。それを回避するには、被害者側も示談のプロを用意する必要があるのです。交通事故に詳しい方の専門家と言えば、弁護士でしょう。弁護士に相談することで、示談を有利に進めることができ、その結果、示談金の増額も見込めるのです。後遺症の補償を充分なものとするためには、弁護士の力を頼るのが賢明な方法と言えるのです。