後遺症は弁護士に相談

家から一歩外へ出れば、そこは多くの車が行き交う危険地帯となります。車は通勤やレジャー、買い物などにとても便利ですが、一方で交通事故の危険性もあるのです。そして万が一、交通事故に遭った場合、怪我を負い、その怪我が完治せず後遺症として残ってしまうこともあります。

後遺症が残ると、今まで通りの生活を送ることは困難になってしまいます。仕事も思うようにできず、収入の面でも影響が出てくるのです。そうなると、被害者としては加害者に賠償金を請求しなければいけません。しかし、それには手順を踏む必要があります。まずは交通事故直後ですが、必ず警察を呼び、人身事故として処理してもらってください。その後、入通院となりますが、怪我や痛みがなくても病院へ行きましょう。事故後は興奮状態で、怪我や痛みに気付かないこともあるのです。そして、怪我が完治するかあるいは症状固定と判断された上で、示談交渉となるのです。

示談交渉は加害者側の保険会社とのやりとりになります。ここで知っておかなければならないことは、保険会社は被害者の味方ではないということです。いくら保険会社とは言え、賠償金はなるべく支払いたくはないものです。そして保険会社は交渉のプロです。被害者が個人で相手をすると、いいように丸め込まれ、相場よりもかなり低い賠償金で示談が終わることもよくあります。そうならないために、被害者側は弁護士に相談することをおすすめします。このサイトは交通事故による後遺症と弁護士について説明します。